生命理工学系 News

新たに創設された大隅ジャーナル賞を大学院生2名が受賞

  • RSS

2017.12.26

大学院博士後期課程に在学中の、岡本恵里さん(田中幹子研究室)と、安藤和則さん(川上研究室)が、それぞれ第1回、第2回の大隅ジャーナル賞を受賞しました。

東京工業大学は、2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典栄誉教授からの多額の寄附を原資として「大隅良典記念基金」を設置しました。本基金は、将来の日本を支える優秀な人材の育成、および長期的な視点が必要な基礎研究分野における若手研究者等の育成の推進など、研究分野の裾野の拡大を目的としています。大隅ジャーナル賞は、大隅良典記念基金を原資として、優秀な論文が掲載された生命理工学院の学生を表彰し、学資一時金を支給するもので、2017年4月に顕彰を開始しました。

岡本恵里さん(右)

岡本恵里さん(右)

安藤和則さん(右)

安藤和則さん(右)

2017年12月7日(木)には生命理工学院長室において受賞式が行なわれ、三原久和学院長より受賞者へ賞状が授与されました。

授賞式後、三原学院長と

授賞式後、三原学院長と

受賞論文タイトル

Migratory appendicular muscles precursor cells in the common ancestor to all vertebrates
岡本恵里(田中幹子研究室)
Osteoblast production by reserved progenitor cells in zebrafish bone regeneration and maintenance
安藤和則(川上研究室)
大隅良典記念基金

「大隅良典記念基金」は、大隅栄誉教授がノーベル賞を受賞したことを機に、将来の日本を支える優秀な人材の育成などを目的として設立されました。学生の修学支援や若手研究者の研究支援などに活用します。

大隅良典記念基金|東工大への寄附別窓

  • RSS

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE