イベントカレンダー

第20回生体触媒化学シンポジウム

  • RSS

日程
2018年12月12日(水)、13日(木)
時間
12日(水): 11:30 - 、13日(木): 9:00 - 17:15
場所
すずかけ台キャンパス別窓 H1・2棟(大学会館) 3階 多目的ホール別窓
お問い合わせ先

生命理工学院 松田知子
〒226-8501 横浜市緑区長津田町4259 J3-5
Tel / Fax : 045-924-5757
E-mail : tmatsuda@bio.titech.ac.jp

要旨のご提出は、提出専用のメールにて受付致します。
E-mail : biocatjapan2018@bio.titech.ac.jp

酵素を用いる有機合成についてのシンポジウムです。

海外の企業や大学からの5件の基調講演もあり、国内外の最先端の研究に触れられます。

有機化学がご専門の方や、生化学に関わりのある方は、是非ご参加ください。

お申し込み

発表申込 参加登録はこちらから別窓

概要

重要日程

10月5日(金)
講演申し込み(ポスター・口頭)締切日
10月12日(金)
要旨提出締切日
11月9日(金)
事前参加申し込み締切日

参加費

区分 参加費 懇親会費
一般 学生 一般 学生
早割
2018年11月9日までにご登録済みの方
7,000円 2,000円 懇親会 5,000円
二次会 2,000円
(合計 7,000円)
懇親会 1,000円
二次会 2,000円
(合計 3,000円)
通常
2018年11月10日以降にご登録の方
8,000円 3,000円

発表しない学生は参加費のみ無料です。懇親会費はお支払ください。参加費は、要旨集の冊子及び休憩時間の軽食を含みます。

お支払方法

  1. 1.銀行振込
  2. 銀行振込でのお支払いをご希望の方は、以下の銀行口座までお振込み願います。

    • 銀行名: みずほ銀行
    • 支店名: 長津田支店366
    • 口座番号: 普通 1819528
    • 口座名: 第20回生体触媒化学シンポジウム (ダイ20カイセイタイショクバイカガクシンポジウム)

    メッセージ欄に「生体触媒化学2018_(お名前)」をご記入ください。

    振込の際にかかる手数料等は、参加者様にご負担いただきますようお願いいたします。

    ご入金が確認できましたら、こちらからお知らせメールをお送りさせていただきます。

  3. 2.当日払い
  4. 当日払いは、現金でのお支払いのみとさせていただきます。

    11月9日までにご登録済みの方は、当日払い(12月12日,13日)でも早割料金が適用されますのでご安心ください。

シンポジウム当日のプログラム

  • 12月12日(水)
日時 プログラム 場所
11:30-13:00 受付 多目的ホール 入口付近
13:00-13:05 開会式 多目的ホール
13:05-14:05 基調講演 1 :
Dr. John W. Wong, ファイザー社、米国
Development of a Chemoenzymatic Process for a Gamma Secretase Modulator
14:05-15:05 基調講演 2 :
未定
15:10-15:55 ポスターセッション 1(奇数) ラウンジ
15:55-16:40 ポスターセッション 2(偶数)
16:45-17:45 基調講演 3 :
Dr. David Entwistle, Codexis社、米国
未定
多目的ホール
17:45-18:00 集合写真撮影
18:00-19:45 懇親会 ラウンジ
20:30 二次会 青葉台フォーラム別窓
田園都市線 青葉台駅下車 徒歩5分(キャンパスから20分程度)
  • 12月13日(木)
日時 プログラム 場所
09:00-10:00 基調講演 4 :
阿部郁朗 教授, 東京大学大学院薬学系研究科
Unusual Enzyme Reactions in Natural Product Biosynthesis
多目的ホール
10:00-11:00 基調講演 5 :
Prof. Dr. Harald Gröger, Bielefeld 大学, ドイツ
Enzymes in Organic Chemistry: From Efficient Synthesis towards Chemo-enzymatic One-Pot Processes
11:00-11:30 休憩 ラウンジ
11:30-12:30 口頭発表 (3名*, 各20分) 多目的ホール
12:30-13:45 昼休み  
13:45-14:45 基調講演 6 :
Prof. Dr. Zhi Li, シンガポール国立大学
Engineering biocatalytic cascade reactions for green and selective chemical synthesis
多目的ホール
14:45-15:15 休憩 ラウンジ
15:15-16:15 基調講演 7 :
Prof. Dr. Romas Kazlauskas, ミネソタ大学
How hydroxynitrile lyases evolved from esterases
多目的ホール
16:15-17:15 口頭発表 (3名*, 各20分)
17:05-17:15 閉会式

状況によって、口頭発表の人数および終了時間が多少変わることがございます。あらかじめご了承ください。

第20回 生体触媒化学シンポジウム ポスター

第20回 生体触媒化学シンポジウム ポスター

8月29日12:00 本文中に案内文を追加しました。

9月7日 16:55文言の修正を行いました。

更新日:2018.09.07

  • RSS

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE