材料系 News

真島研究室 ―研究室紹介 #60―

サブ10 nmスケール材料の機能化と次世代電子デバイスの創製

  • RSS

2017.03.31

材料系では「金属」「有機材料」「無機材料」の3つの分野にフォーカスし、独創的かつ挑戦的な研究・開発を推進しています。

研究室紹介シリーズでは、ひとつの研究室にスポットを当てて研究テーマや研究成果を紹介。今回は、ボトムアップエレクトロニクスに関する研究を行う、真島研究室です。

教授 真島豊 助教 東康男

無機材料分野
材料コース
研究室:すずかけ台キャンパス・R3棟410号室
教授 真島豊 助教 東康男

研究分野 単電子デバイス / 分子デバイス / 走査型プローブ顕微鏡 / ナノ電子物性
キーワード 電子線リソグラフィ、無電解メッキ、単電子トランジスタ、分子トランジスタ
Webサイト 真島研究室別窓
真島豊 - 研究者詳細情報(STAR Search)別窓
東康男 - 研究者詳細情報(STAR Search)別窓

研究室の目指すもの
サブ10 nm材料の機能開拓と次世代電子デバイス開発

半導体集積回路は、たゆまぬ微細化技術の進展により、最小線幅が現在14 nm以下となっています。これらの微細化に伴い既存のデバイスは、ショートチャネル効果やリーク電流などによる消費電力の増大、製造コストの増大などが問題となっています。本研究室では、これらの問題を解決に導く、サブ10 nmスケールの材料を用いて、新しい動作原理に基づく次世代電子デバイスを一気通貫で開発しています。ここでは、4つの研究テーマを紹介します。