情報工学系について

私たちのヴィジョン

豊かな未来社会を築くことを目指し、
コンピュータに関する幅広い専門知識を身に付けます。

情報工学系では、情報に関する体系化した理論から、ソフトウェア、ハードウェア、マルチメディア、人工知能、生命情報解析等の幅広い専門知識を修得します。プログラミングの方法を覚えて、単なるコンピュータの使い手になることを目指すものではなく、今や社会システムおよびビジネスの全てに取り込まれているコンピュータに関する技術を原理から深く理解し、新しい情報システムをモデリングする技術、複雑なソフトウェアを効率的に開発する技術、大量のデータから必要な情報を抽出する技術、人とコンピュータの知的インタフェース技術、物体や自然言語を高度に認識する技術、生命に関する情報を解析する技術、社会をシミュレーションにより解析する技術といった最先端の分野において世界を先導する研究者・技術者として活躍できる人材を養成します。

  • 私たちのヴィジョン
  • 私たちのヴィジョン

系主任メッセージ

系主任 小池 英樹

現代社会において、情報工学の重要性は高まる一方です。少し前までは、コンピュータを設計し、プログラムを作るのが情報工学と思われていましたが、今では物理的な重要インフラの制御も情報システムが担い、今後は自動運転に代表される交通システム、ブロックチェーンに代表される金融システム、医療情報システムなど、情報工学はあらゆる分野で必要不可欠となっています。

一方、世界に目を転じると、世界を代表する大企業のCEOらの多くが情報工学で博士の学位を取得していることに気づくでしょう。つまり、これからは技術者としての情報工学の知識はもちろん、経営者としても情報工学の知識が必須だということです。

本学の情報工学系ではこうした社会的要求に応えるべく、情報工学の重要な分野を網羅的にカバーし、かつ、国際的に競争力のある著名な教員と研究室が皆さんを待っています。

系主任 小池 英樹

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE