教育

材料系(学士課程)5つの特長

講義、演習、そして実験、わくわく感の連続で材料を学びます。

  1. 1

    金属、有機材料、無機材料、3つの分野にフォーカス

    金属、有機材料、無機材料、3つの分野にフォーカス

    第2類に入学した学士課程学生のほとんどは、2年目から材料系に進みます。材料系では、広範囲に及ぶ材料の学問分野を、金属、有機材料、無機材料の3つの分野に大別し、カリキュラムを体系化しているため、学生自らの志望に応じて、専門分野をフォーカスして学修することができます。

  2. 2

    基礎から専門へ、高評価を得る魅力的講義の連続

    基礎から専門へ、高評価を得る魅力的講義の連続

    金属、有機材料、無機材料の3つの分野で体系化されたカリキュラムには、学生から高い評価を得ている魅力的な講義が満載です。各講義では、教員からの一方的な講義形式とは異なり、"学生参加型"のアクティブラーニングを取り入れています。また、知識の習熟度を高めるための演習も十分盛り込まれています。

  3. 3

    広く深く、3クォーター×2年、充実した材料系実験科目

    広く深く、3クォーター×2年、充実した材料系実験科目

    材料系では、創造性あるものづくりにも力を入れており、2年目と3年目で、それぞれ3クォーターの実験科目を必修科目として学びます。2年目では、金属、有機材料、無機材料の3つの分野にまたがって、材料の基礎実験を行います。3年目では、より専門性を深めた各分野の学生実験を選択して、専門科目で学んだ知識の理解を深めていきます。

  4. 4

    留学するなら材料系から、いつでもどこへでも

    留学するなら材料系から、いつでもどこへでも

    材料系の学生は、様々な短期・長期の海外留学プログラムに積極的に参加しています。そして、世界の国々へ飛び出して現地の学生や研究者との交流を図り、国際感覚を身につけます。学士課程卒業時には、多くの学生が東工大が目標とするTOEIC730点を超えています。

  5. 5

    材料を学んで世界に羽ばたく、活躍の場は無限です

    材料を学んで世界に羽ばたく、活躍の場は無限です

    材料系を卒業する学生のほとんどは、大学院へ進み、材料コースをはじめ、他の系とも融合したエネルギーコース、ライフエンジニアリングコース、および原子核工学コースへと進学することができます。大学院修了生の就職先は、材料コースのページに記載の通り、多種多様な産業界、学術界にわたっています。修了後の活躍の場は、国内外を問わず無限に広がっています。

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE