材料系について

私たちのヴィジョン

産業の発展に寄与する新しい材料と
新しい工学の創出を目指すとともに、社会に貢献する人材を養成します。

科学技術をカタチにし、社会や暮らしを大きく変える"材料"。材料系では、材料に関する高度な専門知識を有し、それらを駆使して独創的かつ挑戦的な研究・開発を推進できる素養を身に付けるとともに、材料に関する諸問題について自分自身で答えを導き出す創造力と、見出した答えから「もの」を作り上げる創成力を養います。カリキュラムでは、「金属」、「有機材料」、「無機材料」にわたる幅広い材料学の基礎的知識を修得するとともに、革新的工業材料を創出するための知恵と創造性を身に付け、将来、産業界が求める材料学分野の先導的科学技術者となる人材を養成することを目的としています。

  • 私たちのヴィジョン
  • 私たちのヴィジョン

系主任メッセージ

系主任 森 健彦

材料系は、第2類を構成する金属工学科、有機材料工学科、無機材料工学科を引継ぎ、大学院レベルにおける材料工学専攻、有機・高分子物質専攻の一部に物質科学創造専攻、材料物理科学専攻を加えて、総合的にマテリアルサイエンスを扱う組織として出発致しました。東工大のなかでも最も歴史の古い分野ですが、最も強い分野のひとつでもあり、最先端のマテリアルサイエンスを教育・研究する組織としての発展を目指しています。

系主任 森 健彦

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE