教育

生命理工学系(学士課程)5つの特長

国内最高の学び舎で、生命の神秘に挑む。

  1. 1

    幅広い分野から生命理工学を学べる国内最大規模の教育研究組織

    幅広い分野から生命理工学を学べる国内最大規模の教育研究組織

    生命理工学系は、ライフサイエンスとテクノロジーに関する理工学分野を理学や工学のみならず、薬学や医学、農学の観点から幅広く学べる、国内最高の規模を有する生命系学士課程です。

  2. 2

    化学、物理、材料、情報にまでおよぶ研究に触れることができます

    化学、物理、材料、情報にまでおよぶ研究に触れることができます

    生命理工学系は、約70名の教授と准教授等が、ライフサイエンスとテクノロジーに関する最先端研究を幅広い分野で実施しています。その研究分野は、生物系のみならず化学系、物理系、材料系や情報系にまたがる理工学分野です。

  3. 3

    1年目から「バイオものづくり」研究が体験できます

    1年目から「バイオものづくり」研究が体験できます

    1年目の第7類専門科目と2年目の200番台科目において、バイオに関連したものづくりに関する研究を複数名のグループワークとして実施し、自ら考え、チームワークを発揮し成果を出す取組により、課題発見力と課題解決力を鍛錬します。300番台科目の研究プロジェクトでは、各研究室での研究体験をします。

  4. 4

    海外留学やインターンシップを推奨します

    海外留学やインターンシップを推奨します

    大学間の協定による交換留学(長期・短期)や短期派遣プログラムを利用した海外派遣、企業へのインターンシップの体験を推奨しています。これらの取組も単位として認定されます。

  5. 5

    早期に大学院科目の履修ができます

    早期に大学院科目の履修ができます

    ほとんどの学生が大学院修士課程に進学します。学士課程の早期卒業制度や学士課程4年目から大学院修士課程の講義を早期に履修する制度もあります。

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE