融合理工学系 News

野原研究室 ―研究室紹介 #1―

翻訳学からコミュニケーションを考える

  • RSS

2017.01.27

融合理工学系では、化学工学、機械工学、電気・通信工学、土木工学、生物工学、さらには環境政策・計画学、応用経済学、社会学、翻訳学、応用言語学までを包含した広い分野を融合し、異なる専門分野をもつ教員が相互の専門性と多様性を尊重しつつ、様々な学問領域を社会問題の解決という観点から結びつけた超域的教育を推進しています。

研究室紹介シリーズでは、ひとつの研究室にスポットを当てて研究テーマや研究成果を紹介。今回は、翻訳理論、科学技術コミュニケーション、科学とアートなどの研究を行う、野原研究室です。

教授 野原佳代子

地球環境共創コース・エンジニアリングデザインコース
研究室:大岡山キャンパス 西1号館 202号室
教授 野原佳代子別窓

構成:博士課程 2名、修士課程 3名、副専攻 1名、海外交流学生 1名、研究員 1名、教務支援員 1名、事務支援員 2名、専門員(研究補助)2名

研究分野 翻訳学・言語学 / 科学技術コミュニケーション / デザイン教育 / サイエンス&アート
Webサイト 野原研究室別窓

研究室のアピールポイント

学生個々人が自ら気づき関心を持ったテーマで研究しています。海外インターンシップ枠、美大やデザイナー、メディア編集等とコラボの機会がたくさんあります。

また、通常のゼミに加え、美味しいお茶とこだわりのお菓子をいただく「お茶会」が時折開かれます。お茶を飲みながら、ああでもないこうでもないと科学やアート、ことばや人間を語る時間と空間こそ、本来の「大学」の姿だと考えています。肩の力を抜き談笑する中からも、相手の人柄や真意を汲み取る、自然形の“翻訳”能力が涵養されてくるかもしれません。

研究室のアピールポイント

研究室のアピールポイント

研究室のアピールポイント

研究テーマ

翻訳学

翻訳学

「翻訳」を研究対象とし、何らかの法則性や史実を見つけたりそこから人や文化について真理を探ったりする分野です。

翻訳では、単なることばの置き換えだけでなく、文化や歴史、状況に即した記号変換をする必要があります。例えば、観光マップのようなものは機能がはっきりしていて翻訳にあたって意味を特定しやすいですが、しかし人のコミュニケーションの大部分はより複雑で、真意を定めるのは容易ではありません。このように、広い意味でのコミュニケーション全体を「翻訳」ととらえ、理論づけていく分野です。

最近では、新しい機械翻訳システム研究、とくに人と人とのコミュニケーションを活性化する「多言語意訳サービス」の研究開発(東工大COI『以心電心』ハピネス共創研究推進機構別窓)にも携わっています。

科学技術コミュニケーションと海外派遣

科学技術コミュニケーションと海外派遣

翻訳の理論をベースにした研究の一つに、科学技術コミュニケーションがあります。科学技術を理解することは、生活の質の向上や危機管理にもつながることから、高度技術文明社会のリテラシーの一つにもなっています。科学技術を伝え、その方法を考えるにあたって記号間翻訳は有力な手立てとなり、研究と社会、ビジネスの連携を考えることにもつながります。科学技術コミュニケーションの本場であるイギリスへ、学生を短期派遣する海外インターンシップ・プログラム(2単位)を2005年から手がけています。ロンドン科学博物館、英国王立研究所、POST(英国議会科学技術政策室)、気候変動を産学連携で研究するWalker Institute等の機関へ毎年10~15名の学生を派遣しています。

科学技術コミュニケーションと海外派遣

科学技術コミュニケーションと海外派遣

サイエンス×アート

サイエンス×アート

科学技術コミュニケーションの発展形として2009年から、東工大サイエンス&アートLab Creative Flow別窓という教育研究活動を行ってきました。科学技術と社会を、人文的・アート的な知見とスキルを活かして「翻訳」し「つなぎ」を担う。議論を作り世論を刺激する素敵なアーティスト、デザイナー、編集者たちと活動しています。2011年より始めた大学院科目「コンセプト・デザイニング」が大きく育ち、東工大と武蔵野美術大学の正式な大学間交流協定につながるなど、サイエンス×アートの試みは広がりを見せています。最近では東京藝術大学やロンドン芸術大学Central Saint Martins校との研究交流も始まりました。

サイエンス×アート

サイエンス×アート

文理融合の必要性がとかくいわれる時代ですが、関係を築くには、真ん中にファシリテーターやキュレーターの存在が要ると考えます。異分野間コミュニケーションの「つなぎ」整備が不可欠であり、それを担う学問分野が「翻訳学」です。科学技術とアート間だけでなく、アナロジーとしては例えば技術移転に必要な国際的文脈をふまえたものごとの読み替えも、「翻訳」です。そうした立場から、東工大らしい翻訳研究を探求していく研究室でありたいと思います。

出版リスト

代表論文(抜粋)

  • [1] Kayoko Nohara, "Translation education in the Japanese university setting: developing global communication skills for students", The Journal of Translation Studies, Korean Association of Translation Studies, Vol.16-4, pp.44-61, 2015
  • [2] 野原 佳代子, 仲矢 史雄, 中山 実「戦後の理科教材の翻訳と編纂に見られる早期科学リテラシー教育について」『翻訳研究への招待』vol.13, pp. 29-52, 5. 2015.
  • [3] 野原 佳代子, 川野 江里子「サイエンス&アート/デザインを利用した理工系人材のための創造性教育」『工学教育』vol.63-1, pp. 88-94, 1. 2015.
  • [4] 野原 佳代子「理工系学生の国際性とコミュニケーションデザイン力のためのサイエンスカフェ活動効果」『工学教育』vol.59-2, pp. 79-84, 3. 2011.
  • [5] Kayoko Nohara, Michael Norton, Miki Saijo, Osamu Kusakabe,"Overseas Internships as a Vehicle for Developing a Meta-Level Awareness Regarding Science Communication", Journal of Science Communication, pp.1-12, 2008.

主な著書(抜粋)

  • [1] 三島 聡, 野原 佳代子 他『裁判員裁判の評議デザイン 市民の知が活きる裁判をめざして』日本評論社 9. 2015.
  • [2] 野原 佳代子 『ディスカッションから学ぶ翻訳学 トランスレーション・スタディーズ入門』三省堂 2014.
  • [3] 梶 雅範, 西條 美紀, 野原 佳代子『科学技術コミュニケーション入門』培風館 5. 2009.

教員からのメッセージ

野原教授より

言語、翻訳、コミュニケーション、サイエンス&アート、メディアに興味のある人、お茶を飲みながら議論したい人、ジャズ好きな人、ノハラカフェに歓迎です。

教員からのメッセージ

お問い合わせ先

教授 野原佳代子
E-mail : nohara.k.aa@m.titech.ac.jp

※この内容は掲載日時点の情報です。最新の研究内容については研究室サイト別窓をご覧ください。

  • RSS

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE