機械系について

私たちのヴィジョン

新たな現象、原理、方法を発見し、
環境と人類との調和をなす新しい機械を創造する学問です。

機械系では、「工業力学」、「材料力学」、「熱力学」、「基礎流体力学」、「機械力学」、「機械要素及び機械製図」等の必修科目を通じて、機械システムの動作を解析し、さらにそれらを統合し新たな機械を創出するための知識を学修します。これらの機械工学の根幹となる学問領域に加えて、制御・ロボット・メカトロニクス、精密工学、機械設計、加工・生産・材料、医用生体・福祉工学、デザイン工学、宇宙工学等、幅広い領域を研究対象としています。様々な現象を理論的に解析する能力を身に付けるだけでなく、これらを応用して、工学的諸課題を解決し、環境と人類との調和をなす革新的な機械システムを提案できる人材を養成することを目的としています。

  • 私たちのヴィジョン
  • 私たちのヴィジョン

系主任メッセージ

系主任 井上 剛良

機械系では、機械工学分野における高度な専門知識を学修するだけでなく、自ら問題を設定し、それを解決する能力や、国際的なコミュニケーション力を身につけることで、将来、日本の国際競争力を維持・向上させ、産業界・学術界で活躍できる人材の養成を目指しています。優れた教育・研究環境で、機械工学のフロンティアで活躍する教員と一緒に、自らの可能性を切り拓いてみませんか?

系主任 井上 剛良

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE