数理・計算科学系について

私たちのヴィジョン

数理科学と計算機科学を学修し、
情報化社会における複雑な課題の本質を論理的・数学的に追究します。

現代社会は情報化社会といわれ、多種多様な情報が社会のすみずみに深い影響を及ぼしています。数理・計算科学系では、そのような情報を科学的なアプローチで扱う方法を学修します。具体的には、コンピュータを使った新しい数学を駆使するアプローチ、現実の諸問題を数理モデルに基づいて解決するアプローチ、そしてコンピュータ・サイエンス、つまり情報処理を「計算」としてとらえるアプローチと、実際にそれを実行するコンピュータ・システムの設計方法を学びます。これら専門知識に裏付けられた手法を駆使して課題を解決することによって、国際的に活躍できる人材を養成することを目的としています。

  • 私たちのヴィジョン
  • 私たちのヴィジョン

系主任メッセージ

系主任 梅原 雅顕

現代社会は、「情報」の発展により、大きく成長してきました。この「情報」を支える科学的な基盤となる事柄について教育・研究を行っているのが数理・計算科学系です。具体的には、数学などの「数理科学」とコンピュータなどの「計算機科学」という論理的・数学的なアプローチで、情報化社会の未来につながる研究を進めています。私たちの明日を「情報」で創っていく、そんな仲間と一緒に成長していきませんか。

系主任 梅原 雅顕

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE