教育

教養教育について

専門分野を社会へつなげる教養教育

東工大の教養教育群は、オリジナリティーにあふれています。学士課程から博士後期課程まで、それぞれの課程で学ぶべき科目が取りそろえられており、学生が自ら学び自分を育て、仲間と学びともに成長していくことができる教養です。
素晴らしい研究をしたいのであれば、自分の好きな専門分野だけでなく幅広い分野の基礎学力は必須です。また、価値ある研究を世界に広めたいのであれば、英語圏だけでなく、異文化の理解が欠かせません。研究が自分や周囲の人々、社会とどのように関わっているのか、世の中での理工系分野の立ち位置を見極めるには、文系教養が役に立つでしょう。
多彩な教養科目群は、「東工大生が身につける力」につながっています。

拡大画像をみる

専門分野を社会へつなげる教養教育

東工大流の文系教養

人文学(哲学、文学、文化人類学、芸術等)・社会科学(法学、政治学、社会学、心理学等)及び、文理融合科目(科学技術論、統計学、意思決定論等)を、斬新な手法で学びます。「東工大の伝説の文系授業」に出会えます。

コア学修

特に、「コア学修」と呼ばれる以下の授業が特徴的です。
学士課程入学直後に全学生が履修する「東工大プロジェクト」は、教養教育を各自のゴールに向かって志を立てるプロジェクトととらえ、そのための自己発見と動機付けを行う科目です。
学士課程教養教育の出口となる「教養卒論」では、これまでの教養教育で何を学んだのか、またそれは自分の志の実現にどう活きてくるのか、をレポートにまとめます。
修士課程1年目に履修する「リーダーシップ道場」では、仲間の能力を最大限活かしながら目標に向かってチームを導くリーダーシップ力を身に付けます。リーダーシップ道場で身につけた能力は、教養卒論の執筆をサポートする科目「ピアレビュー実践」、「東工大立志プロジェクト」のグループワークにファシリテーターとして参加する「リーダーシップアドバンス」など、学士課程学生を指導するなかでさらに高めることができます。
東工大の教養科目の最終地点にあたる博士後期課程学生向けの「学生プロデュース科目」では、最先端の研究の「種」や高度な教養的知識を、グループによる研究や発表を通じて共有します。発表の場はさながら「学会の大会」。学会の大会運営者のように、テーマの選定、会場の手配、グループ編成、プログラム等の検討、準備を進め、当日の運営を担当します。「教養先端科目」では、グループワークによる共同研究の成果を、グループ・プレゼンテーションやポスターセッションの形で発表します。

世界を知るには

英語の必修には、Reading等の四技能を伸ばす科目に加え、TOEFL等を利用する科目があります。Academic Presentationや口頭表現演習(英会話)等多彩な選択科目も用意されています。

第二外国語は楽しい!それに尽きます。久々に新たな言語を学ぶ初心と好奇心を抱き続ければ、第二外国語は必ずや新しい世界の絵図を開示してくれます。日本語とも英語とも異なる新たな言葉の網の目を通して、あらためて世界の見方と分節化の多様性を認識し、複眼的思考法を育んでください。

健康的な生活を送るには

講義・演習科目では、生涯にわたり健康的な生活を送るためのリテラシーを、生理・心理学、バイオメカニクスを通して学びます。実習科目は、スポーツ活動を主体とします。スポーツによってウェルネスを維持する適切な手法を修得し、またコミュニケーション能力・リーダーシップを実践的に身に付けます。

日本を学ぶ

週5日の集中、週1~2日の初中級の日本語コースではすべてのスキルを総合的に学びます。アニメ、映画等テーマに沿って学ぶテーマ別日本語では日本文化も学べます。

学校の先生になる

「科学に興味を持ったのは、学校の授業だった」ということ、ありませんか。理工系が得意だからこそ、その楽しさを伝えられます!東工大では、中学校の数学、理科、高等学校の数学、理科、情報、工業の教員免許状が取得できます。

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE