情報通信系について

私たちのヴィジョン

人に優しく、持続的な高度情報通信社会を
支える基盤技術・応用システムに関する研究・教育を行います。

情報通信系では、携帯電話やインターネット等に代表される通信ネットワークにおいて、通信用集積回路技術から大規模ネットワークシステムに至るまでの広範な領域を学修します。情報通信システムの実現に不可欠なハード・ソフト両面での総合的な知識を修得しながら、信頼性や運用性等にまつわるシステム的センスも身に付けます。必修科目であるプログラミング・実験科目や、自ら研究を遂行する「学士特定課題研究」で理解力と応用力を研鑽し、情報通信工学分野の産業、学術、政策等において、専門知識に裏付けられた指導力を発揮して、国際的に活躍できる研究者・技術者を養成します。

  • 私たちのヴィジョン
  • 私たちのヴィジョン

系主任メッセージ

系主任 府川 和彦

最近は、誰もが携帯電話を持ち、インターネットを介して電子メールや画像配信をするのが当たり前になってきました。これらを支えるのが情報通信技術であり、情報通信系では、基礎となる情報理論から誤り訂正、伝送技術、暗号技術、ネットワーク、VLSIなどの回路技術まで、コンテンツとしては感覚・生体・メディア情報処理を、幅広く学ぶことができます。さらに研究室に所属すれば、最先端の研究に進むことができます。

系主任 府川 和彦

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE