土木・環境工学系について

私たちのヴィジョン

自然災害から人命や社会生活を守り、
将来の世界の平和と繁栄のため、まちづくり、国づくりを担う学問です。

地震や津波、水害から人の命や社会生活を守り、環境汚染を防ぎ、快適で安心・安全な、都市や国、街をつくること、これが土木・環境工学系の使命です。このために、計画から設計、ものづくり、利用のためのシステム作りを広い範囲でとらえ、社会基盤の整備と運用に関する工学の基礎的専門知識、自然科学に関する基礎知識に加えて、高性能なシミュレーション技術や高度な実験施設を用いたカリキュラムを実施。土木技術が自然環境や社会環境に及ぼす影響を理解した上で、自然及び地球環境の保全と活用を図り、良質の社会資本を合理的に形成、維持、管理できる人材を養成します。

  • 私たちのヴィジョン
  • 私たちのヴィジョン

系主任メッセージ

系主任 廣瀬 壮一

土木・環境工学系へようこそ。道路や河川などの社会基盤施設を適切に建設し管理すること。地震や津波、水害から人の命や社会生活を守ること。快適で豊かな、まち、国をつくること。大気・水・土壌汚染の地域的問題から、温暖化のような地球環境問題までを解決すること。我々の使命は多岐にわたります。講義だけでなく充実した実験・実習科目によって、リーダーシップを発揮して持続可能な未来を描く高度な技術者・研究者を育てます。

系主任 廣瀬 壮一

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE