生命理工学系 News

小倉研究室 ―研究室紹介 #21―

医療応用を目指した生化学の展開

  • RSS

2016.12.27

生命理工学系にはライフサイエンスとテクノロジーに関連した様々な研究室があり、基礎科学と工学分野の研究のみならず、医学や薬学、農学等、幅広い分野で最先端の研究が活発に展開されています。

研究室紹介シリーズでは、ひとつの研究室にスポットを当てて研究テーマや研究成果を紹介。今回は、医療応用を目指した生化学を展開する、小倉研究室です。

准教授 小倉俊一郎

ライフエンジニアリングコース
准教授 小倉俊一郎別窓

キーワード がん診断、がん治療、バイオマーカー、細胞生理工学
Webサイト

小倉研究室別窓

研究紹介

ヒトの代謝産物の解析を中心とした生化学を展開し、がんをはじめとする医療応用を目指します。ヒト細胞の性質を詳しく調べることによって、がんの可視化や早期発見を実現するマーカー探索などを行っています。以下のようなテーマを進めています。

がんの代替療法と診断法の開発

ALAを用いて可視化されたがん細胞

ALAを用いて可視化されたがん細胞

日本人の2人に1人ががんになる時代が到来すると言われています。現在がんに対する様々な治療法・診断法が用いられていますが、これに代わる技術の開発が求められています。当研究室ではアミノレブリン酸(ALA)を用いたがんの代替療法と診断法の開発を行っています。

バイオマーカーの開発

簡易バイオマーカー測定装置

簡易バイオマーカー測定装置

医療現場で正確な診断を下すためにはバイオマーカーを使った病態の数値化が不可欠となります。当研究室では新規バイオマーカーの探索・評価系の構築を行っています。

細胞生理工学の展開

がんをはじめとする様々な疾病では細胞生理現象の異常が多く報告されています。当研究室ではこの生理現象を正常に戻すための基礎研究を行っています。

研究成果

代表論文

  • [1] Taku Nakayama, Shimpei Otsuka, Tatsuya Kobayashi, Hodaka Okajima, Kentaro Matsumoto, Yuichiro Hagiya, Keiji Inoue, Taro Shuin, Motowo Nakajima, Tohru Tanaka and Shun-ichiro Ogura Dormant cancer cells accumulate high protoporphyrin IX levels and are sensitive to 5-aminolevulinic acid-based photodynamic therapy, Scientific Reports, 2016, 6, 36478.
  • [2] Shimpei Otsuka, Kentaro Matsumoto, Motowo Nakajima, Tohru Tanaka and Shun-ichiro Ogura Oxygen availability for porphyrin biosynthesis enzymes determines the production of protoporphyrin IX (PpIX) during hypoxia, PLoS ONE, 2015, 10, e0146026.
  • [3] Mai Miura, Kensuke Ito, Maiko Hayashi, Motowo Nakajima, Tohru Tanaka and Shun-ichiro Ogura The effect of 5-aminolevulinic acid on cytochrome P450-mediated prodrug activation, PLoS ONE, 2015, 10, e0131793.
  • [4] Maiko Hayashi, Hideo Fukuhara, Keiji Inoue, Taro Shuin, Yuichiro Hagiya, Motowo Nakajima, Tohru Tanaka and Shun-ichiro Ogura The effect of iron ion on the specificity of photodynamic therapy with 5-aminolevulinic acid, PLoS ONE, 2015, 10, e0122351.
  • [5] Kentaro Matsumoto, Yuichiro Hagiya, Yoshio Endo, Motowo Nakajima, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka and Shun-ichiro Ogura Effects of plasma membrane ABCB6 on 5-aminolevulinic acid (ALA)-induced porphyrin accumulation in vitro: Tumor cell response to hypoxia, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, 2015, 12, 45-51.
  • [6] Urara Ota, Hideo Fukuhara, Masahiro Ishizuka, Fuminori Abe, Chiaki Kawada, Kenji Tamura, Tohru Tanaka, Keiji Inoue, Shun-ichiro Ogura and Taro Shuin Plasma protoporphyrin IX following administration of 5-aminolevulinic acid as a potential tumor marker, Molecular and Clinical Oncology, 2015, 3, 797-801.
  • [7] Kohei Yamashita, Yuichiro Hagiya, Motowo Nakajima, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka and Shun-ichiro Ogura The effects of the heme precursor 5-aminolevulinic acid (ALA) on REV-ERBα activation, FEBS Open Bio, 2014, 4, 347-352.
  • [8] Yuta Sugiyama, Yuichiro Hagiya, Motowo Nakajima, Masahiro Ishizuka, Tohru Tanaka and Shun-ichiro Ogura* The heme precursor 5-aminolevulinic acid disrupts the Warburg effect in tumor cells and induces caspase-dependent apoptosis, Oncology Reports, 2014, 31, 1282-1286.
  • [9] Atsushi Shimoyama, Hiroya Watase, Yu Liu, Shun-Ichiro Ogura, Yuichiro Hagiya, Kiwamu Takahashi, Katsushi Inoue, Tohru Tanaka, Yasutoshi Murayama, Eigo Otsuji, Akihiro Ohkubo and Hideya Yuasa Access to a novel near-infrared photodynamic therapy through the combined use of 5-aminolevulinic acid and lanthanide nanoparticles, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, 2013, 10, 607-614.
  • [10] Keiji Inoue, Urara Ota, Masahiro Ishizuka, Chiaki Kawada, Hideo Fukuhara, Taro Shuin, Ichiro Okura, Tohru Tanaka and Shun-ichiro Ogura Porphyrins as urinary biomarkers for bladder cancer after 5-aminolevulinic acid (ALA) administration: The potential of photodynamic screening for tumors, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, 2013, 10, 484-489.
  • [11] Yuichiro Hagiya, Hideo Fukuhara, Kentaro Matsumoto, Yoshio Endo, Motowo Nakajima, Tohru Tanaka, Ichiro Okura, Atsushi Kurabayashi, Mutsuo Furihata, Keiji Inoue, Taro Shuin and Shun-ichiro Ogura Expression levels of PEPT1 and ABCG2 play key roles in 5-aminolevulinic acid (ALA)-induced tumor-specific protoporphyrin IX (PpIX) accumulation in bladder cancer, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, 2013, 10, 288-295.
  • [12] Tomohisa Hirano, Yuichiro Hagiya, Hideo Fukuhara, Keiji Inoue, Taro Shuin, Kentaro Matsumoto, Katsushi Inoue, Tohru Tanaka, Ichiro Okura and Shun-ichiro Ogura* Improvement of aminolevulinic acid (ALA)-mediated photodynamic diagnosis using n-propyl gallate, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, 2013, 10, 28-32.
  • [13] Yuichiro Hagiya, Yoshio Endo, Yutaka Yonemura, Kiwamu Takahashi, Masahiro Ishizuka, Fuminori Abe, Tohru Tanaka, Ichiro Okura, Motowo Nakajima, Toshihisa Ishikawa and Shun-ichiro Ogura Pivotal roles of peptide transporter PEPT1 and ATP-binding cassette (ABC) transporter ABCG2 in 5-aminolevulinic acid (ALA)-based photocytotoxicity of gastric cancer cells in vitro, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, 2012, 9, 204-214.
  • [14] Masahiro Ishizuka, Yuichiro Hagiya, Yasuhiro Mizokami, Kanako Honda, Kenji Tabata, Toshiaki Kamachi, Kiwamu Takahashi, Fuminori Abe, Tohru Tanaka, Motowo Nakajima, Shun-ichiro Ogura and Ichiro Okura Porphyrins in mouse urine after administration of 5-aminolevulinic acid as a potential tumor marker, Photodiagnosis and Photodynamic Therapy, 2011, 8, 328-331.
  • [15] Shun-ichiro Ogura, Kouji Maruyama, Yuichiro Hagiya, Yuta Sugiyama, Kyoko Tsuchiya, Kiwamu Takahashi, Fuminori Abe, Kenji Tabata, Ichiro Okura, Motowo Nakajima and Tohru Tanaka The effect of 5-aminolevulinic acid on cytochrome c oxidase activity in mouse liver, BMC Research Notes, 2011, 4, 66.

教員紹介

小倉俊一郎 准教授 博士(工学)

2001年 東京工業大学 大学院生命理工学研究科 博士後期課程修了
2001年 東京工業大学 大学院生命理工学研究科 助手
2005年 静岡県立静岡がんセンター研究所 研究員
2007年 静岡県立静岡がんセンター研究所 主任研究員
2009年 東京工業大学 フロンティア研究機構 特任准教授
2013年より 現職
2002年3月 鎌田泉博士論文賞
2011年5月 ポルフィリン-ALA学会奨励賞
2014年7月 竹田国際貢献賞
2014年8月 東工大挑戦的研究賞
2014年11月 先端錯体工学研究会奨励賞
所属学会
日本化学会、日本癌学会、日本生化学会、ポルフィリンALA学会

教員からのメッセージ

小倉准教授より

医療に結びつく最先端の学際領域のため、いろいろな方と一緒に仕事をするチャンスが豊富にあります。

例えば医学部・基礎生物・機械関連の先生達から企業の方まで、たくさんの方と仕事を進めています。

幅広い方とのディスカッションを通して本当にやりがいのあることを見つけていきましょう。きっと皆さんにとって宝物となると思います。

お問い合わせ先

准教授 小倉俊一郎
すずかけ台キャンパスB1棟 702号室
E-mail : sogura@bio.titech.ac.jp

※この内容は掲載日時点の情報です。最新の研究内容については研究室サイト別窓をご覧ください。

  • RSS

ページのトップへ

CLOSE

※ 東工大の教育に関連するWebサイトの構成です。

CLOSE